2009年6月開放図書館日記

はだかのおうさま
紙芝居「はだかのおうさま」
木枠に入れるとおはなしの世界が一層ふくらむから不思議。
今月はおはなしの会で、他校の開放図書館見学に出かけました。トルストイ作の「おおきなかぶ」が、布の絵巻物になって展開されます。おはなしの最後に、長くなった布で子どもたちをぐるっと囲んだりもするそうです。おはなしがパノラマになるのですね〜それはおもしろい!「きんのがちょう」も絵巻物に向いていそう…


おおきなかぶ
布の絵巻物「おおきなかぶ」
6月おはなしの会
第一回
「きょだいな きょだいな」
作:長谷川摂子
絵:降矢なな(福音館書店)
「おそうじやさん はじめます」
作:つかはらみさ
絵:石塚しづか(福音館書店)
第二回
紙芝居「はだかのおうさま」
原作:アンデルセン
脚本:川崎大治
絵:夏目尚吾(童心社)
第三回
「あらまっ!」
作:ケイト・ラム
絵:エイドリアン・ジョンソン
訳:石津ちひろ(小学館)
「わたしときつねの12かげつ」
第四回
「まけてたまるか ヨモトラと7ひきのコブタたち」
作:鹿目たかし(福音館こどものとも474号1995年9月)
「それからのおにがしま」
作:川崎洋
絵:国松エリカ(岩崎書店 )

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください