Mitt hjerte alltid vanker

琴似レッドベリースタジオ近く
アナベル

Arve Moen Bergset “Mitt hjerte alltid vanker”

*この歌に出逢ったのは6年ほど前。
北欧で愛されている讃美歌です。
wikipediaによると、元はデンマークのクリスマスソング。
ノルウェーの歌姫Sissel Kyrkjebøが歌ったことで広く知られるようになったそうです。

Sissel Kyrkjebø – Mitt hjerte alltid vanker – 2007

*”Mit hjerte altid vanker” (Danish)
詞はデンマークの司教で讃美歌作家の
Hans Adolph Brorson により1731年に発表されました。

*こちらの二つも

Ingebjørg Bratland – Mitt Hjerte Alltid Vanker

Helene Bøksle – Mitt hjerte alltid vanker

*トランペットでの演奏も

Tine Thing Helseth – Mitt hjerte alltid vanker (TV2, Dec. 2009)

Mitt hjerte alltid vanker(My heart always wanders where Jesus once was born)

I Jesu føderum,
Der samles mine tanker
Som i sin hovedsum,
Der er min lengsel hjemme,
Der har min tro sin skatt,
Jeg kan dig aldri glemme,
Velsignet Julenatt!

*Mari Boineがプリンス結婚のお祝いにサーミ語で歌っています。

Mari Boine – Mitt hjerte alltid vanker (2001)

Mu váibmu vádjul doppe
gos Jesus riegádii
Mu jurdagat leat dasa
buot oktii čoahkanan
Das lea mu aibbašeapmi,
das oskku dávvir lea
Ja nuvt in vajáldahte
dan juovlaija mun

*フィンランド語で歌われているのも

Suvi Teräsniska – Sydämeni vaeltaa

*前出の Arve Moen が同じ詞を違うメロディーで歌っています。

Mit Hjerte Altid Vanker

*そして同じHans Adolph Brorsonにより書かれた歌

Den Yndigste Rose

Music: J. Klug 1542
Lyrics: H. A. Brorson 1732
Arrangement: Helene Blum

それぞれが素敵です。
☆クリスマスまでにはたっぷり時間がありますのでどうぞごゆっくりと。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください