Loch Lomond by the Corries

白薔薇

Loch Lomondはスコットランド民謡。
はじめて余市のニッカウイスキー工場を訪れた時、
リタさんの部屋に飾ってあったオルゴールの曲がこの”ロッホローモンド”
美しい曲だなとずっと心に残っていました。

歌うことになりたくさんのロッホローモンドを聞き
印象に残ったのがこのコリーズの歌でした。

The Corries – Loch Lomond You Tube

LYRICS:

O wither away my bonnie May
Sae late an’ sae far in the gloamin’
The mist gather grey o’er moorland and brae
O wither sae far are ye roamin’?

Chorus:
O ye’ll tak the high road an’ I’ll tak the low
I’ll be in Scotland afore ye
For me and my true love will never meet again
By the bonnie bonnie banks o’ Loch Lomond

I trusted my ain love last night in the broom
My Donald wha’ loves me sae dearly
For the morrow he will march for Edinburgh toon
Tae fecht for his King and Prince Charlie

O well may I weep for yestreen in my sleep
we stood bride and bridegroom together
But his arms and his breath were as cold as the death
And his heart’s blood ran red in the heather

(chorus)
O ye’ll tak the high road an’ I’ll tak the low
I’ll be in Scotland afore ye
For me and my true love will never meet again
By the bonnie bonnie banks o’ Loch Lomond

As dauntless in battle as tender in love
He’d yield ne’er a foor toe the foeman
But never again frae the field o’ the slain
Tae his Moira will he come by Loch Lomond

The thistle may bloom, the King hae his ain
And fond lovers may meet in the gloamin’
And me and my true love will yet meet again
Far above the bonnie banks of Loch Lomond

(chorus)
O ye’ll tak the high road an’ I’ll tak the low
I’ll be in Scotland afore ye
For me and my true love will never meet again
By the bonnie bonnie banks o’ Loch Lomond

国を追われたスコットランド王とプリンスチャーリーのために戦いに出る若者。
この美しいローモンド湖のほとりで再び会うことはもうないだろう。

コーラスの部分の
『O ye’ll tak the high road an’ I’ll tak the low』
”あなたは高い道を行き、私は低い道を行く”は
故郷を遠く離れて亡くなった人の魂は
妖精が故郷へ連れて帰ってくれる
というケルト文化のいい伝えからとの説があるそうです。
こんないい伝えがあると知ってなんだかとてもほっとしました。

こちらを参考にさせていただきました。
ロッホ・ローモンド(ロック・ローモンド)The Bonnie Banks O’ Loch Lomondスコットランド民謡/一足先にスコットランドの土とならん!

*コーラスのところ、なぜか
小さい頃に祖母がよく歌ってくれた”鉄道唱歌”を想い出すのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください