平和展

子どもたちの平和へのメッセージと原爆の写真、記録絵の展示です。
平和展
「2005年の平和訪問団派遣事業で6名の子どもたちが長崎を訪れた活動報告」
「札幌市平和都市宣言」のパネルもありました。


札幌市役所1階ロビーにて
8月28日(月)〜9月1日(金)
午後5時15分まで土日は閉庁
行政部総務課 011-211-2162
「平和への第一歩・・・」
〜今、あの広島を振り返る〜
平成18年9月18日(月)敬老の日
二部制
・被爆者体験講話
・映画「父と暮らせば」上映
・原爆記録映画「ヒロシマ・ナガサキ〜核戦争のもたらすもの〜」上映
会場:北海道立道民活動センター「かでる2・7」ホール
住所:札幌市中央区北2条西7丁目
申し込み期間:8月11日(金)〜9月11日(月)
問い合せ・申し込み先(入場無料)
札幌市コールセンター:011-222-4894
主催:札幌市
大通公園の信号で杖をついたお年寄りにバス停を尋ねられました。ちょうど私が知っているところ(まだ土地勘が無く知っているところは少ない)でしたのでお連れする道すがら、「未だに3日に1回はうなされて目が覚めるんです。毎日仏壇に手を合わせて謝っていますが、本当に酷いことをしてしまったんです。」と61年前を振り返っておっしゃられたのです。私は突然のお話だったので「そうだったんですか。そうだったんですか。」と答えただけでした。別れ際に何度も何度も頭を下げられて「本当にご親切にありがとうございました。」とおっしゃる姿を見送った後、「戦争が始まってしまったら、おじいさんだけでなく誰でもそうしてしまうと思います。戦争をしないようにするにはどうしたらいいのでしょうね。」と私の気持ちをお伝えすればよかったと思いました。どうぞお気をつけて。
【関連情報】
札幌市平和都市宣言(平成4年3月30日)
戦争のない平和な世界を築くことは、人類共通の願いです。
この切なる願いにもかかわらず、平和に対する脅威、
特に核兵器の脅威から、人類は今なお自由ではありません。
私たちは、戦争こそ地球環境を破壊する最大のものであり、
平和にまさる市民福祉はないとの考えのもとに、
人類がひとしく平和のうちに暮らせる世界が実現されることを願っています。
私たち札幌市民は、日本国憲法がかかげる平和の理念に基づき、
非核三原則を守ることを誓い、
信義と公正を重んずる全世界の市民と相携えて世界平和の実現を望みつつ、
ここに札幌市が核兵器廃絶平和都市であることを宣言します。

2件のコメント

  1. ボクは9/18の午後の部を申し込みましたが、定員を超えたら抽選なんだそーです。なんでも午前の部が講話と『父と暮らせば』で、午後の部が講話と『ヒロシマ・ナガサキ』とか。

  2. takagiさん
    コメントありがとうございます。
    私は午前の部に申し込もうと思っています。
    被爆体験講話をうかがうのは初めてです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA