100万人のキャンドルナイト

candle-night
今年も夏至のキャンドルナイトの日が近づきました。
部屋の電気やテレビ、ラジオ、ステレオ、パソコン、炊飯器、換気扇・・・できる限りの電気を消して穏やかな夜を過ごしましょう。
18日は10時がワールドカップ日本対クロアチアのキックオフだし、子どもの中間試験の前日だし、2時間ゆっくり過ごした後にバタバタするのも避けたいし、8時に電気を消してそのまま寝てしまったほうがいいかな・・・などなどあって、我が家ではいつにするか、ただ今調整中。


100万人のキャンドルナイト呼びかけ人、
辻信一氏の「キャンドルナイトで時間のくにへ」というメッセージをオフィシャルサイトで見つけました。
辻氏は言う。
『「安息日」という伝統をもたないぼくたちにも、しかしかつては、人生のあちこちにモノに支配されない「時間の聖域」があって、そこには安息が、静けさが、遊びが、楽しい語らいが満ちていたはすなのだが・・・。 「100万人のキャンドルナイト」は、そんな懐かしい時間を呼び寄せる試みだといえる。…..キャンドルナイトの灯りが、ぼくたちの故郷でもある「時間のくに」への道筋を照らし出してくれるかもしれない。』
さて我が家のキャンドルナイトは「時間のくに」へ辿り着くことができるでしょうか?
【関連情報】
100万人のキャンドルナイト
呼びかけ人「辻信一氏」のメッセージ全文
さっぽろキャンドルナイトのblog
【PR】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA