くすみ書房

2006年札幌に来てまもなく、
親戚から教えてもらい足を運ぶようになった本屋さん。
琴似の「くすみ書房」
『中学生はこれを読め!』というコーナーが設けられ、
手づくのリストもありました。
店内で定期的に朗読会も。

読み聞かせの仲間たちに
札幌にはこんな本屋さんが…と「くすみ書房」のことを伝えたり
『中学生はこれを読め!』リストを送ったり。

今でも琴似くすみ書房のビルの前を通ると
大谷地に移られてからは一度も行ったことがなかったなと…
たのしかった「くすみ書房」の店内や店主の姿が蘇ります。

2017年大通公園の夏


* 

店主久住邦晴さんの命日8月28日
本の刊行を記念しての写真展と
ご縁のあった方たちのトークの催しがありました。
ブログ「花より通信」『奇跡の本屋をつくりたい〜くすみ書房のおやじが残したもの』
を読んで行ってきました。

本のタイトルは
『奇跡の本屋をつくりたい ~くすみ書房のオヤジが残したもの』

会場は書肆吉成丸ヨ池内GATE6F店
発刊記念イベントトークは
解説担当 中島岳志さん
装丁担当 矢萩多聞さん
ミシマ社代表の三島邦弘さん
久住さんの長女で写真家のクスミエリカさん

他界されたくすみ書房店主のバトンは次の方々に手渡されていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA